どのような種類がある?雑学にも役立つ日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介

このサイトはどのような種類があるのか知りたい人にお勧めの、雑学にも役立つ日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介しています。
豊富な種類がある中から選ぶ際の手掛かりになる可能性があるため、これらは知っておきたい点です。
酒税法で定められていて、吟醸酒と純米酒の名称を付けることができるという特徴があるのもこのお酒ならではといえます。
また香味により4つに分類されるという特徴もあるお酒です。
より詳しくなるとお酒の世界がより楽しくなります。

どのような種類がある?雑学にも役立つ日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介

日本酒には様々な種類がありますが、種類を知っておくと雑学としても役立つのではないでしょうか。
代表的な吟醸酒や大吟醸酒は米や米麹、それから水と醸造アルコールできています。
精米歩合によって吟醸か大吟醸かに分かれていて、純米酒は米と米麹それから水だけで造られている日本酒です。
純米酒にも吟醸と大吟醸があります。
こちらの違いも精米歩合によるのが特徴です。
ほかには特別純米や本醸造、それに特別本醸造などといった日本酒もあります。

初心者でも迷わない日本酒の選び方のコツ

初心者だと分類方法が複雑で、日本酒の選び方がわからないということがよくあります。
そんな日本酒の選び方のコツとしては、種類を知っておくことがポイントです。
原材料・作り方で大きく吟醸酒・純米酒・本醸造酒にわけることができ、この種類で味も大きく変わってきます。
一般的に吟醸酒は華やかな香りですっきり飲みやすく、純米酒は米の旨味とコクを味わえて、本醸造酒は純米酒に近いですが醸造アルコールが添加されているためバランスが良いとされています。
味も甘口・辛口に分けられます。
ラベルに記載されていることもあるため、購入前にチェックすることをお勧めします。
+の数値が大きいほど辛口ですが、これはあくまでも目安で酸味やアルコール度数によって味わいは変わります。
名産地と呼ばれるところの日本酒を選ぶというのも無難です。
三大酒処と呼ばれる兵庫県の灘、京都府の伏見、広島県の西条が有名です。
その土地ごとに味わいや香りが変わるため、飲み比べてみるという楽しみ方もできます。

日本酒の好みは甘口や辛口など味わいで変わる?

好みの日本酒を見つけるために、色々飲み比べてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
米や米麹、水などを主な原料として作られている日本酒は様々な味わいのものがあります。
淡麗と呼ばれているものはすっきりとした爽やかなもの、芳醇というのは濃厚なタイプです。
これらのような分類以外に甘口と辛口というものがあります。
甘口というのは、糖分の甘味を感じることができる味わいのお酒です。
一方、辛口というのは甘味や旨味よりも、酸が感じられるタイプです。
これらを組み合わせて、淡麗甘口や芳醇辛口などといった表現をすることがあります。
また日本酒の好みは人それぞれで、甘口が好きな人もいれば辛口な人もいるものです。
口に合うものを選ぶために役立つものには、日本酒度というものがあります。
これはお酒に含まれている糖分の度合を数値で表したものです。
これが高いほど辛口となり、低いと甘口となります。
この度合いも選ぶ際には一つの目安となります。

日本酒には定義があるのか?どのようなお酒を日本酒と呼ぶのか?

お酒は、製法という観点から醸造酒と蒸留酒、混成酒の大きく三つに分けられています。
日本酒は醸造酒で酒税法では清酒と示されます。
醸造酒とは、米やトウモロコシ、麦といった穀物をはじめブドウやリンゴなどの果物類をアルコールで発酵させて作られています。
他の醸造酒の代表的なものとして挙げられるのは、ぶどうを発酵して作った「ワイン」や麦芽から作られる日本人が好む「ビール」などがあります。
日本酒の定義は酒税法に基づいており、米や米麹、水を原料としていることに加えて、アルコール度数が22%未満である事や醸造アルコールや糖類、調味料などの添加物の合計が米の重量を超えないことが条件となります。
また、もろみをろ過して日本酒と酒粕に分別する作業であるこす作業も必要です。
同じ原料である米から作られたお酒であっても、焼酎は蒸留酒であり、特に米焼酎は日本酒のもろみを蒸留して作られたお酒ですので混在しないように注意しましょう。

日本酒を造る杜氏や蔵人について知っておこう

古代の日本でのお酒は、春夏秋冬1年を通じて神まつりが行われるごとに造られていたといいます。
そして酒造りを担っていたのは神々に仕える乙女であり、それを束ねているのが刀自と呼ぶ女性です。
刀自は現代でいうリーダー的な存在になるものですが、時代が変わるととともに酒造りは大型化して大樽など重量物を取扱うことからも力仕事の要素が発生して男性中心の仕事などの印象に変化しました。
男社会などのイメージから刀自の発音がそのまま受け継がれて杜氏の字があてられるようになった、このような歴史が日本酒には存在します。
杜氏は日本酒造りの最高責任者ではあるけれども、酒造りの技術職人集団などの意味で称されることもありますが基本的には最高責任者などからも1つの酒蔵では1人だけです。
この最高責任者の下で酒造りに携わる職人さんのことを蔵人と呼びます。
酒造りに携わる蔵人は10名くらい、作業別に役職が決まっているなどの特徴もあります。