日本酒は香味により4つに分類される

日本酒は香味により4つに分類される

和食との相性がぴったりで、冷たくしても温めても美味しい日本酒ですが、実は香味によって4つに分類できるということをご存じだったでしょうか。
1つは薫酒と呼ばれるもので、主に吟醸酒系のものがこれに相当してます。
華やかな香りとフルーティーな味わいが特徴で、十分に冷やして飲むのがお勧めです。
また熟酒に分類される日本酒は長期間熟成したタイプのもので、重厚な味わいとスパイシーな香りを特徴としており、常温で少量ずつ楽しむのもよし、少し冷やすのもよし、ぬる燗でのむのもよし、是非自分の好みの温度で楽しんでみたいものです。
さらに日本酒を香味で分類した場合、すっきりと爽快な味わいを楽しめる爽酒があり、よく冷やして飲むのがお勧めな飲み方です。
もう1つのタイプはコクがある醇酒で、お米の持つ甘味や旨味を感じることができる日本酒です。
常温で少しずつ飲みながら濃厚な味わいをじっくりと楽しむこともできますし、やや温めてぬる燗でいただくのもよいと思います。

最適な日本酒の選び方とは?好みの味わいやタイプ別に紹介

日本酒のタイプには、「香りが控えめ」「日本酒本来の味わい」「低アルコール」「フレッシュな味わい」といったものがあります。
その際好みで選びたいという場合は、ボトルなどに表示されている文言などで判断するといいでしょう。
「香りが控えめ」が好みという場合は、「淡麗辛口」「クリアな味わい」などと書かれているものを選ぶことをおすすめします。
このタイプはドライで香りが控えめであることから、料理の味を邪魔することなく食中酒として楽しむことが可能です。
「日本酒本来の味わい」が好きな人は、「きもと」「山廃」などと書かれているボトルのものを選びましょう。
お酒本来のコクやうまみが味わえるので、熱燗にも向いています。
日本酒が苦手という場合は「低アルコール」のものを選ぶといいです。
720mlや500mlなどの瓶で売られているものが多く、アルコール度数は8~10度と低めなのが特徴です。
甘くて軽い口当たりなので、お酒が苦手な人でも飲みやすいといえます。
「フレッシュな味わい」ものもあり、「大吟醸酒」「生酒」「活性にごり酒」などがこのタイプです。
他には微発泡タイプのものは女性にも人気で、甘口から辛口まで選ぶこともできます。